スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ファミ通.comさんにNEWS掲載 & 1曲目 エレベーターアクション

さて、今日はファミ通.comさんにも、
犬耳家 親族会議vol.3のチケット一般販売申し込みと、
「ピアコンI」の試聴設置に関するニュースが載りました!

http://www.famitsu.com/game/news/1228923_1124.html

ファミ通.comさん、ありがとうございますー!


さて、本作は1曲目「エレベーターアクション」から始まるわけですが、
実は、一番最初に「この曲をやりたい!」と決断した曲が、
この「エレベーターアクション」だったのです。


(続きは右下の「続きを読む」から)
今回の選曲をするにあたって考えたのは、

1) 皆さんが知っている人気のゲームソフトの曲
2) アレンジして展開すると面白い曲/ピアノで弾けたらすごい!と思う曲などなど
3) 演奏者、兼、編曲者のスタイルにピッタリ合う曲

上記の全てに当てはまると思う曲を選びました。

とはいえ、
レトロゲームとひとくくりに言っても、沢山の素晴らしい曲がありますし、
選ぶのは、それはそれは時間の掛かる大変な作業でした。

そんな中、すぐ頭に浮かんだのがTAITOさんの「エレベーターアクション」。
幼い頃、このゲームをプレイしたことで、

・敵に狙われたら電気を消せばいい
・エレベーターの上は活用できる
・赤いドアには注目


という生活の知恵を学んだわけですが、
ゲームの世界観と共に印象的だったのがその音楽です。

曲の要所要所にブルースフィーリングのあるこの楽曲は、
後半がスウィングしてリズムが変わったり、とても個性的な曲です。
あの愛嬌のあるキャラクターやゲームの世界観にピッタリですよね。

で、この曲をピアコンズ1号こと江草啓太さんに演奏してもらい、
短い曲をただループするのではなく、ブルースコードのバッキングに
インプロヴィゼーションで弾いてもらったり、
ストーリーを広げて演奏してもらったらどうなるだろうと、
やる前からワクワクしていたわけです。

"短い尺のゲーム曲に続きがあったら・・・"という
コンセプトも含んだ今回の企画にもピッタリに感じました。

結果、江草さんのイマジネーションの豊かさや、
演奏バリエーションの豊富さもあり、
素晴らしく、ストーリー性のある楽曲に仕上がりました。
どういうストーリーをイメージして江草さんが編曲されたかは、
また改めてこのブログでお話できればと思っております。
皆さんにも早くフル尺でお聞きいただきたいですねー。



余談ですが、音楽と同時にこのゲームで印象的だったのは、
冒頭の「進入→鐘の音」の効果音だったのですが、
今回は"楽曲"の部分にスポットを当てた企画のため収録しませんでした。
(今思うと、非常に音楽的な効果音の多い時代でしたが・・)

個人的には、冒頭の効果音よりも、
ジャンプしたときの「ピロリッポ」が好きです。


以上、wappaでしたー。


 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
「ピアコン」とは?

ピアコンズ

Author:ピアコンズ
80年代レトロゲームを
ピアノソロでアレンジ
演奏する集団である!

ピアコンII
「ピアコンII」
ピアコンズ
Amazonで購入!



「ピアコンI」
ピアコンズ
Amazonで購入!


【ピアコンII公式ページ】
【ピアコンI公式ページ】

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。